キャンドル工房 Aotama-Tamari

 

横浜中華街・小さなキャンドル工房&ギャラリー

あおたま別館

 

伝えたいこと

 


 

 暮らしの中の「火」について思うこと。

 

私の原風景は、寒空の中「たきび」を数人で囲み、

ワイワイとおしゃべりを楽しんだり、無言で火を見つめたりと、そんなシーンです。

 

の爆ぜる音、風向きによって変わる煙、飛ぶ火の粉の管理、火照る顔や手のひら・・・

 

暮らしから囲炉裏が消えて久しくなります。

現在では、ライターが消え始め、オール電化がさらに普及したら・・・

私たちは、いつ、どこで「火」に触れるのでしょうか。

 

「火」に代わるものはこの世界に存在しません。

 

「火」はしっかりと管理しなければならない、とても危険なものです。

と同時に、安全に管理されている「火」は、私たちの心を穏やかにし、

無心になれる時間を作り出してくれます。

 

 

キャンドル工房Aotama-Tamariはこう考えます。

 

キャンドルの「火」を上手にお世話をすることは

優しい時間を作ること。

 

キャンドルの「火」を慈しむことは

暗闇にも寄り添うということ。

 

 

 

用途に合わせて、選ぶキャンドルも違ってきます。

 

Aotama-Tamariにお気軽にご相談くださいませ。

皆様の優しい時間のために、お手伝いをさせて頂けたら幸いです。

 

 


 

キャンドル工房Aotama-Tamari (あおたま-たまり)

あおたま別館

 

〒231-0023

横浜市中区山下町166

横濱バザール1F

 

11:30-19:30(水 定休 祝日は営業)

 

地図はこちら